大阪発 北欧オーロラ&フィヨルドクルーズ絶景と出会う旅10日間

|阪神航空フレンドツアー|阪急交通社

旅コーデ

SKIP

ツアー詳細・お申し込みはこちら

沿岸急行船で往く“世界で最も美しい航路” 夜はオーロラ観賞、昼はフィヨルド遊覧

ノルウェー沿岸の港に立ち寄りながら、ベルゲン~キルケネス間の約2400kmを往復する定期船で、120年以上の歴史を誇ります。その航路はフィヨルドの絶景、ロフォーテン諸島、そしてオーロラ煌めく北極圏を繋ぎ、“世界で最も美しい航路”と讃えられています。客船としてばかりではなく、今もなお貨物船としての役割も果たしていることから、いわゆる豪華客船のようなカジノやエンターテイメントはありません。堅苦しいドレスコードもございませんので、静かに大自然の絶景を眺める船旅をお楽しみいただけます。

沿岸急行船フィンマルケン/イメージ

客室/イメージ

ランチバイキング/イメージ

パノラマラウンジ/イメージ

船内ではショップも充実

サウナもお楽しみいただけます

シップデータ

ミレニアムシップまたは2016年リノベーションの船利用

フッティールーテンで巡るクルーズの魅力を動画でご紹介

フレンドツアーの旅ごはん

2015年10月8日出発
2017年2月5日出発
2017年2月21日出発

オーロラ観測するなら…北欧オーロラ&フィヨルドクルーズをおすすめする理由

オーロラ乾燥できる条件とは?

  • 北緯66度前後(オーロラベルト)に位置している
  • 周りが暗い場所
  • 晴天率が高い

当ツアーはこれらの条件を揃えています!!

1. オーロラベルトとは?
オーロラの観測率が高い場所とは、地磁気緯度55〜70度の地域に極を取り巻いてベルト状に分布しています。この地帯が「オーロラベルト」と呼ばれ、統計上では1年に200日以上も見られることがあるともいわれております。
2. 周りが暗い場所
海上は、街の明かりの影響を受けづらく、真っ暗です。また船上から360度見渡せる為、どの方角からオーロラが出現しても建物や木々に邪魔されることはありません。海に映り込んだ幻想的な『逆さオーロラ』に出会えるチャンスも!
3. 晴天率が高い
海では雲が流れやすく、また船は常に海上を動いているため、オーロラ遭遇のチャンスが増えます。 雲の下に停滞していないことが重要です。

オーロラは見てみたい!だけど、こんな不安で躊躇されていませんか?

Q.寒くないの?
ノルウェーは、暖流の影響もあり、夜でもマイナス5度〜15度、日中は0度〜マイナス5度くらいと、オーロラ観測地で有名なアラスカやカナダと比べるとそこまで気温が下がりません!また船内では、オーロラが出現した際にはアナウンスが流れますので、暖かい船内でオーロラ出現をお待ち頂けます!(22:00まで)
Q.体力に自身がありません!
オーロラ&フィヨルドクルーズは、のんびりと過ごす6泊7日の船旅。日々の観光やオーロラ観測も、お客様の体調に合わせてお楽しみ頂けます!また北欧のオーロラ出現時間は19時〜24時頃(北米では23時〜3時頃)となり深夜から夜明けまで起きている必要はありません。
Q.オーロラ観測以外は退屈なのでは?
どんなに高いオーロラ観測率を誇る場所でも、オーロラは自然現象のため、見られない場合もあります。そんな時、オーロラを見るためだけのツアーではせっかくの楽しみも失ってしまいますが、オーロラ&フィヨルドクルーズでは、船上からのフィヨルドを含む絶景などオーロラ以外の観光要素も豊富です!

寄港地のご紹介

ベルゲン
ベルゲン
- Bergen -
ノルウェー第二の都市にして最大の港町ベルゲン。木造家屋が建ち並ぶブリッゲン地区は中世の街並みを今に伝え、世界遺産に登録されています。
オーレスン
オーレスン
- Alesund -
漁業で発展した街オーレスン。アールヌーボー調の建物は趣があり、街全体が統一感のある美しい街並みとなっています。
トロンハイム
トロンハイム
- Trondheim -
ノルウェー中部に位置する第三の街。中世ノルウェーの首都として栄えた古都で、市内各所に歴史的建造物が残っています。
ボード―
ボード―
- Bode -
北極圏の入口に位置する商業都市。近くには世界で最も危険と言われる大渦潮サルトストラウメンがあります。
トロムソ
トロムソ
- Tromso -
「北のパリ」と呼ばれる生活文化都市で、トロムソ大学、トロムソ博物館など、歴史や文化の豊かな北極最大の都市。
ホニングスヴォーグ
ホニングスヴォーグ
- Honningsvog -
マーゲロイ島にある小さな漁村。19世紀に建てられたホニングスヴォーグ教会は、第二次世界大戦末期、ドイツ軍による破壊をまぬがれた村内唯一の建物です。
キルケネス
キルケネス
- Kirkenes -
ノルウェー北部の港町。近郊のシドバランゲル鉱山より産する鉄鉱石の積出港 として発展しました。

よくあるご質問

夜間のオーロラ観測時のイメージ

Q.旅行中の服装はどんなものがいいですか?
A.北極圏の冬は氷点下ですが、乗り物や建物の中は暖房が完備され、とても暖かいので屋外との温度差に合わせて重ね着をするのがベスト。オーロラ観賞時の服装は右の図を参考にしてください。
Q.船は揺れますか?
A.ほとんどの場合、ノルウェー本土と島々の間の穏やかな海を航行するので、波は穏やかな事が多く、激しく揺れ続ける事はあまりありません。一部、外海を航行する時は揺れる場合もございます。酔いやすい方は酔い止め薬をご用意ください。
Q.船内通貨は何ですか?
A.ノルウェー・クローネ(NOK)です。船内ではクレジット・カードがご利用いただけます。  (VISA、MASTER、AMEX、DINERS)※JCBカードはご利用いただけません。
Q.チップは必要ですか?
A.基本的に、ノルウェー沿岸急行船ではチップは不要です。もし、良いサービスを受けたと感じになられた場合は、小額のお心づけはスタッフの励みになります。
Q.正装は必要ですか?
A.必要ではありません。船内にはドレスコードはございませんので、カジュアルな服装でご乗船ください。
Q.インターネットは利用できますか?
A.Wi-Fi(無線LAN)サービス(有料)がご利用出来ます。寄港地以外の人が居住していないエリアでは繋がりにくい場合もございます。

ツアー詳細・お申し込みはこちら

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください。

このページの上部へ

大阪発 北欧オーロラ&フィヨルドクルーズ絶景と出会う旅10日間|阪神航空フレンドツアー|阪急交通社

Copyright(C)2017 HANKYU TRAVEL INTERNATIONAL CO.,LTD. All rights reserved